« はじめまして | トップページ | 生の舞台は、おもしろい! »

2006-02-21

「水俣」に出会う

七年前から、親業http://www.oyagyo.or.jp/を学んでいます

子どもの話が聞ける親になりたい

普段の暮らしの中で、子どもが発するいろんな信号をキャッチできる感性を育てたい、

そんな思いではじめた親業です

子どもたちが、自分が好き、お母さんが好きって、安心していられるように、

日々、わたし自身を耕し、育てることができるよう努力しているところです

今日は、親業を学ぶ仲間と作っている会に、

「水俣」を子どもたちに伝えるネットワーク、の方たちに来ていただきました

小学校、中学校、高校へ「水俣」についての出前授業をしていらっしゃるんです

公害としての水俣病だけのお話ではなく、

「水俣」を通して、環境のこと、生命のこと、

未来をみんなで、たくさんの可能性とともに作っていこうよってこと、

いのちの授業をしていただいたって、感じています

映像の中に、授業を受けている子どもたちの真剣な眼差しがたくさんありました

「水俣」のことを、自分のこととして感じている、感情が豊かに育まれているんだなぁって、

見ていて、ほんとに涙があふれてくるほどの感動が湧き起こりました

熊本で産まれたわたしは、今日、再び、「水俣」に出会いました

公害が起こった場所としてではなく、

明るい未来を創造していく、力強い場所としての「水俣」です

たくさんの学校で、子どもたちがこの授業を受けられるようにしていきたいです

まずは、子どもの小学校に、お話ししに行こうかな

そこから、はじめようと考えています

|

« はじめまして | トップページ | 生の舞台は、おもしろい! »

「親業」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53019/790406

この記事へのトラックバック一覧です: 「水俣」に出会う:

« はじめまして | トップページ | 生の舞台は、おもしろい! »