« エニアグラム | トップページ | ほっと一息 »

2006-02-26

エニアグラム体験記

ただいま~、帰宅してやっと人心地ついたところです

彼が作るそばめしに、おいしいよ~、うれしいよ~と、幸せを感じました

疲れて帰ってきて、ご飯できてるなんて、最高! \(^-^)/バンザーイ、/( )\モヒトツ、\(^o^)/バンザーイ

エニアグラムで、何を知りたかったのか、確認したかったのかというと、ほんとの自分はどんな人?ってことです

親業でも、それを学んでいるんだけど、いろいろなものから、そこにアプローチしたいなぁ、知るための切り口や角度はたくさんあっていいよねって思っているからです

自分の全体像を理解すること<自己理解>が、<自己受容>につながり、自分のことが分かったぶんだけ<他者理解>ができるようになり、それが<他者受容>へと向かう、人間的成長は自分理解が出発点、そういう考え方をエニアグラムはします

9つに分類された性格の中で、自分の核となっている性格は何か?を探っていく作業をワークショップで一日やってきました

わたしは、タイプ1、理想が高く生真面目に努力するタイプ、ものごとをあるべき姿に秩序立てたい人、でした

正直でしっかりもので、常に正しいことをしたいと思っているのがこのタイプです

自分にも厳しく高い理想を確実に実行することを要求するし、相手にも高いハードルを課してしまいがちな面が多々あります

きちんとして!

ちゃんとして!

しっかりして!

そういう言葉が、つい口から出てしまうんです

これって、子どもや夫には辛いよなぁ~、そう、わかってるんです

親業をやるようになってからは、こういう言葉が出そうな時は、意識して深呼吸することにしています。伸びてくる芽を摘むようなことだけはしたくないから

must be  、~するべき

わたしの頭にある、かたくなな思い、こればっかりでは、自分で自分の首をしめてることになってしまいます。この呪縛!?から逃れるためにも、見たくないことだけど、真正面から自分と向き合いたいなと思います

自分はよいものである

人は、それぞれちがっていて、それでいい

性格の9つのタイプは、どれも素晴らしい!優劣はありません。等しく素晴らしいんです。どれほど年月がたっても、いろんなことを学んでも、自分の核になる性格は変わらない。自分はいいものだ、っていうところから出発して、自分を理解し相手を理解していきたいです。

ほんとに密度の濃い、あっという間の一日でした

講師の田中きよみさんの、みんなを信頼して、受け入れて、凛として立っていらっしゃる姿に胸が熱くなりました。無条件の受容が心地よいことをあらためて感じた、外は雨でも心はどこまでも高いスカイブルー、幸せなわたしです

|

« エニアグラム | トップページ | ほっと一息 »

「親業」カテゴリの記事

コメント

こんばんわー
面白そうですね「エニアグラム」初めて聞きました。
自己理解・・大切ですよね!私も自分のことちゃんと理解出来てるのかしら?うーん・・出来てないだろうな(´_ゝ`)
これからじっくり理解して行こうと思いました!自分の事も他の人達の事も(´ー`)

投稿: はーな | 2006-02-27 01:09

死ぬまでわたしは自分のことわからないと・・思います。

投稿: バツイチ女のひとり言 | 2006-02-27 01:17

「エニアグラム」を理解して人と上手に接する事ができるようになるのも素敵ですが、そうしようと努力してるかずさんも素敵です。努力はいつまでたっても必要ですね。

投稿: まてまて | 2006-02-27 07:30

こんにちは。遊びに来ました。

「エニアグラム」私も始めて聞きました。

そういえば就職活動中に
“自己分析”をして
客観的に自分を見つめるたことがあります。

客観的に自分を見つめることで、
また、新たな発見ってありますよね。

今回の「エニアグラム」是非生かしてください。

投稿: 子と共に育つ親・・・のたわごと:しま | 2006-02-27 11:33

コメントありがとうございました!早速私もお邪魔しました♪まだ軽くしか見ていませんが、こちらのブログ、私すっごく興味あります~(笑)!これからも度々お邪魔させていただきますね。

ゆっくり読ませてもらいますね(^^)。

投稿: こうたんママ | 2006-02-27 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53019/854360

この記事へのトラックバック一覧です: エニアグラム体験記:

« エニアグラム | トップページ | ほっと一息 »