« 家族の一日 | トップページ | 今日のお気に入り »

2006-03-19

おーい ぽぽんた

声で読む日本の詩歌166 おーいぽぽんた Book 声で読む日本の詩歌166 おーいぽぽんた

著者:柚木 沙弥郎
販売元:福音館書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

茨木のり子

大岡 信

川崎 洋

岸田衿子

谷川俊太郎

五人の詩人が、心をこめて選んでくれました

「万葉集」から現代詩までの166篇がのせられています

小学生に暗唱してほしい

それが願いで、この素晴らしい本はつくられました

入学、卒業の季節の今、大切な誰かにプレゼントしてみませんか

わたしは自分にプレゼントしましたけど^-^

巻末には、若い読者へのメッセージがあり、

五人の詩人たちからの心からの言葉に出会えます

わたしはこの言葉に出会えて、詩がますます好きになりました

本棚に置いておくと、宝物のように輝きを放つ本です

我が家の子どもたちにも親しんでほしいと願っています

では、ひとつだけ詩を紹介しますね

たんぽぽ     川崎 洋

   たんぽぽが

   たくさん飛んでいく

   ひとつひとつ

   みんな名前があるんだ

   おーい たぽんぽ

   おーい ぽぽんた

   おーい ぽんたぽ

   おーい ぽたぽん

   川に落ちるな

|

« 家族の一日 | トップページ | 今日のお気に入り »

「お薦め本」カテゴリの記事

コメント

素敵な詩ですね。将来、子供が大きくなって、一緒に散歩したときに、飛んでいくタンポポを見て、あれにはね、一つ一つ名前があるんだよって教えてあげたいな。
そんでもって、一緒に名前を考えたいものです。たたんぽ、ぽぽたん、ぽたたん、ぽんたた・・・♪

投稿: 歩知 | 2006-03-20 00:04

名前・・・それがあるとないとじゃ愛着が全然違いますものね。
素敵な詩、ですね。

投稿: 子と共に育つ親・・・のたわごと:しま | 2006-03-20 11:43

いい詩ですねー。

私も、時折詩もどきを書きますけど、どっちかというと、ネガティブなものが多いです。
でも、自分の気持ちを曲げてまで、楽しい詩や明るい詩は書けませんから、今は仕方ないかなぁ~、と思ってます。

この本に載ってるような、元気で楽しい詩が自然体で出てくる毎日を、送れるようになりたいですねー。

投稿: みさき | 2006-03-20 11:55

こんにちは。
「たんぽぽ」読んでいて目が潤んでしまいました。
とても心に響く詩ですね。
早速、本屋へ行ってみます。

投稿: ふっきー | 2006-03-20 13:00

こんにちは。
恥ずかしながら、川崎洋さんは「こどものうた」の選者だったことしか知らなかったのですが、この詩はしみじみいいですね。
なんだか何度も読み返してしまいました。
図書カードもらったから、本屋さんで探してみようかな…。

投稿: はっさく | 2006-03-20 13:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53019/1094232

この記事へのトラックバック一覧です: おーい ぽぽんた:

« 家族の一日 | トップページ | 今日のお気に入り »