« 花フェスタ記念公園 | トップページ | バラ、再び »

2006-06-04

楽しい一日

今日は快晴 (/\)チャチャチャチャ \(^o^)/ハッ!!

楽しい行事が二つ重なっています

いっくんの幼稚園の、親子で歩こう

これは、連れあいさん担当です

Dscn1680 森林公園を、年齢別のコースに分かれて、親子で歩きます

年少さんは、幼稚園で作った牛乳パックのカバンを肩にかけ、葉っぱやまつぼっくりを拾ったりしながら歩くんですよ

りんちゃんの時も、同じ行事があって毎年楽しみでした

いっくんのお土産は、まつぼっくりとヘビイチゴですww

拾っている姿が目に浮かんで、楽しくなります

Dscn1622 りんちゃんは、ふれあい学級です

セラミックボール作りと

クラスでの百人一首大会

りんちゃんの小学校は、メダカがすめる川を取り戻そうをスローガンにして、環境教育に実践的に取り組んでいます

そのことでは、とっても有名な学校で、レポートがいろんな賞をとっているんです

粘土とおがくずを混ぜてボールを作り、穴をたくさん空けて焼きます

それをロープでつなげて川に沈めると、穴に微生物がたくさん住みついて、川を浄化してくれます

いろんなことをやっていて、葦を水辺に植えたり、学校と地域が連携して川掃除も定期的に行われています

メダカはほんとに少しずつ、戻ってきてくれているようですよ

長い、世代を受け継いで続いていく活動にしていきたいですね

百人一首は、りんちゃんは大得意☆☆(゚-゚)ウンッ☆☆

同じテーブルになった子たちが、戦意喪失するほどのすばらしさでした

五年生で、百人一首大会でチャンプになってるから、負けたくなかったのかな

それはもう、すごかったです

そんなこんなで、二組とも楽しい時間でしたww

でも、連れあいさんは、ちょっと…かなりかな、不満です

りんちゃんとペアになりたかったみたい

わたしが歩けないから仕方ないんだけど、残念がってました

りんちゃんLOVEですからねww

。。。。。***。。。・・・******・・・。。。***。。。。。

花フェスタ記念公園での、バラの写真

ドーンといきますよ

ほんとに、甘い香りに包まれて、幸せな気分になれました

Photo_11

Photo_12 シャーロット

柔らかいイエロー

やさしい色です

               アミ レヌ パデル

               チョコレート色の

               豪華なバラ

               美しくてため息です 

Photo_13 Photo_14 アンビエンヌ

花弁が開いたバラ

かわいくてうっとり

               シプランヌ  

               真っ赤なバラ

               たくさん集まった花が迫力です

Photo_15 Photo_16 スイートムーン

紫の美しいバラ

高貴です

                マダム デロナイ

                芳醇なマダムの雰囲気

                赤い色の色香が漂うバラ

Photo_17 Photo_18 メサラ

つぼみがかわいい

花もかわいい

                レダ

                幾重もの花びら

                この世のものとは思えない

Photo_19

 ジュビル デュ 

 プリンセス ドュ モナコ

何も言えなくなりそう

高貴で美しくて、たたずまいが凛としています

グレース・ケリーのバラです

Photo_20 わらべ歌

日本のバラです

今日一番のお気に入り

かわいくて、何度も、繰り返し見に行きました

小さい花が、枝を覆い尽くすように咲いていて、ほんとに、歌が聞こえてきそうですww

Dscn1638 Dscn1652 Dscn1643 回りきれないほどの広さ

バラ!

バラ!

バラ!

Dscn1672 ここの公園にバラ園は二つあります

バラのテーマガーデン、

バラのベルベデーレに行きました

すっごい広くて、

とても一度には回れません

Dscn1635

世界のバラ園は、

今年はお休みします

アイスバーク

やっぱり、この白が一番好き

庭に植えたい誘惑、抑えられるかな

Dscn1624 こんな芝生もあるんですよ

お弁当持ちできたいな

りんちゃんは、お友だちと遊びに行く方を選んだけれど、バラの写真を見ていたら、ちょっと残念そうでした

バラに間に合う頃に、また、行こうかなww

この記事、続きを五日の朝にやってます

昨日は、全然やれなくて困りました

やっと、ホッとできたかな☆☆(゜-゜)ウンッ☆☆

|

« 花フェスタ記念公園 | トップページ | バラ、再び »

「お出かけ」カテゴリの記事

「我が家の子どもたち」カテゴリの記事

「日々の暮らし」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
素晴らしいバラ園ですね。
薔薇の名前多すぎて覚え切れませ~ん。
写真八段目の薔薇、可愛いですね。

投稿: mico | 2006-06-05 11:51

いつもコメントありがとうございます。実は「命の別名」シリーズのあのTさんの前妻さんや娘さんがTさんが亡くなって間もない頃からTさんが残した保険や遺族年金や・・・要するに財産分野についての提示の請求や財産分与の手続きの請求を現在の奥さんにして来てるのですがわたしの考えではあまりにもタイミング的に心が無いなぁーと思って憤りを感じているのですがみなさんはどう思うか意見を聞かせてもらえないでしょうか?Tさんが最後に選んで共に暮らして来た女性に対しての心無い言動や仕打ちは亡くなったTさんに対して砂をかけることのような気がするのですが・・・?

投稿: バツイチ女のひとり言 | 2006-06-05 13:14

こんにちは♪充実した週末だったようですねぇ。
今日は、かずさんちが「バラ祭り」だわぁー♪(笑)あたしも行ってみたいです。
うちの近所には、こんな大きなバラ園はありません。うらやましいです、
スケッチに行きたいなぁ。

投稿: みさき | 2006-06-05 14:20

環境問題に学校で取り組むなんていいですね。
それにしても薔薇の美しいこと!
香りがこちらまで伝わってきそうです。

投稿: puffpuff | 2006-06-05 15:47

いっくんと同じく去年うちの子も牛乳パックのかばんを園で作ってもらい、お散歩の時に活躍させていたようです。

バラ、きれいですね。
家族でのんびりこういう自然に触れるのはいいです。

投稿: しま | 2006-06-05 16:00

かずさんこんにちは。

ばら・バラ・薔薇・BARA~
すご~いです。ピンク色の大きなブーケみたいのも薔薇なんですよね?ため息です。
午前中からお忙しかったのに足を伸ばして薔薇園…行動力にも驚きですが、こんなに素敵なところなら行った甲斐もありますね☆
環境問題に真剣に取り組む学校って、素敵ですね、羨ましいです☆

投稿: こぱん | 2006-06-05 18:17

いろんなバラがあるんだなぁ。
のんびりと見に行ってみたいな。

投稿: とんぼちん | 2006-06-05 20:23

こんばんは!
すごいド~ンだったんですね、朝は写真4つしかありませんでした、しかもコメント入らず。
このバラたちはすごいわ。みんなほんとにバラなんでしょうか、認識新たにしました。
あれ、日本語おかしい?

投稿: △イチおじさん | 2006-06-05 21:40

さっそく、ありがとうございますわたしの記事のコメント欄にも書きましたが・・・わたしも実父が亡くなって似たような経験があります。でもわたしはこちらから一切請求はしていません。あちらの弁護士さんから呼ばれて初めて実父の死は知ったし財産分与も弁護士さんのおっしゃるとおりでおかしいと感じても異議申し立てもしませんでした。Tさんの娘さんは自分から弁護士はたててるので手続きのことを心配してるのではなく人としての心づかいを問いたかったのでした。わたしの説明が足らなくてすみませんでした。あなたはその点は察してくださってるようですね。今回のわたしの問いかけに真剣に考えて答えてくださるみなさん・・・ここの仲間はほんとに素晴らしいひとたちばかりです。感謝です。

投稿: バツイチ女のひとり言 | 2006-06-06 02:35

おはようございます。
まつぼっくり!
今でも、まつぼっくりを見つけると、とても嬉しくなってしまいます。
どうしてだろう?
百人一首は苦手です・・・覚えられない(/ー ̄;)
りんちゃん、すごいなぁ・・・
ひとくちにバラといっても、様々なバラがあるのですね。
色彩や形など、実に美しいものばかり・・・
自分の目で見てみたいです。

投稿: ふっきー | 2006-06-06 10:10

たくさんのバラ!素敵な名前がついてるんですね~。
うーん癒されます。
自然に触れてより良い自然を取り戻す事。
すぐには出来ないけれど徐々にきれいな地球、川が戻ってくるといいですよね。

投稿: レディバグ | 2006-06-07 01:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/53019/2072562

この記事へのトラックバック一覧です: 楽しい一日:

« 花フェスタ記念公園 | トップページ | バラ、再び »