« 夏野菜のスパゲッティ | トップページ | キャンプへ出発 »

2007-08-05

弟の戦争

弟の戦争
劇団うりんこ

     弟の戦争

観に行ってきました

リアルな恐怖

わたし自身が戦場に放り出されたような感覚

ほんとうに怖かった…

トムは、希望をこの世界に見つけることができるのかな

現実に立ち向かっていけるんだろうか

原作とは違う結末に、暗澹たる思いを抱いています

信じたい

人は、必ず、立ち上がれる

悲惨な現実が目前にあっても、絶対に希望はある

決してあきらめない

そんな、しなやかで、強い優しさを持つ心を持ちたいです

強烈な舞台

衝撃的でした

もう一度、観たい

今月末の岐阜

多分、千秋楽です

行けるかな…

弟の戦争 ロバート・ウェストール著

          弟の戦争    徳間書店

。。。・・・。。。・・・。。。・・・***・・・。。。・・・。。。・・・。。。

トム、佐々木さん、目が離せなかったです

目を見てしまったら、視線がはずせないほど引き込まれました

痛い

怖い

哀しい

そして、怒りと優しさ

そんな感情を、共有していました

フィギス、しょうこちゃん

今まで見たことのないしょうこちゃんが、そこにいました

かなり、衝撃的☆

お腹の底からの叫び声

ほんとうに、怖かった…

胸が痛くなって、逃げ出したくなるほどです

ひろ~みさん、セットから落ちましたよね

>*0*<キャアアッ

一瞬、我に返って、息を呑みました…

ぶつかった音も聞こえたような気がします

大丈夫ですか?

あのセットで走り回るのは、かなり、危険ですよね

ゆたかさんへは、りんちゃんの一言を♪

あっ、お腹割れてるし…

生着替えの感想みたいですww

お父さん、お母さん、今現在の現実を見せてくれてるんですよね

アンディやトムの心には、寄り添うのはとても難しい

大人だから?

分別があるから?

常識に縛られてるから?

お母さん役の青山さんに、自分を重ねてしまいました

|

« 夏野菜のスパゲッティ | トップページ | キャンプへ出発 »

「劇団うりんこ」カテゴリの記事