« ボクも仲間入り | トップページ | おやこ劇場、中学生の会 »

2008-02-02

素直になるのは難しい

うりんこに行って来ました♪

新作の試演会です

年中~小学校中学年向きのお芝居

きっと大人よりも子どもの方が、素直に物語に入っていけるんだろうな

理由とか理屈じゃなく、そのまんまを面白がったり、怖がったり、いろんな感情を交錯させて見ていられるんだろうな

わたしは、難しいお芝居だなって感じちゃった

理解したいって気持ちの方が強く働いてしまって、その場の自分の気持ちに素直に従えないっていうか

自由じゃないなぁって…

笑うのに確たる理由なんて、必要じゃないのにねww

「これってどういうこと?」なんて考えずに、その場の空気の中に溶けこんでしまいたいなぁ

そういう意味での難しさを、実感してきました

このお芝居、これからどんな風に変わっていくんだろう

繰り返される言葉は、ちょっと怖いなって思う世界への扉を開く鍵

2月は、閉ざされた長い夜を過ごす月

真夜中、暖かい家の外は、凍える風が吹いていて、何がおそろしいものが歩きまわっていそう

だから、扉はしっかりと閉めておきたいの

でもね、怖いんだけど、この先が見てみたい

ドキドキ、ワクワク、子どもたちの気持ちが揺れ動きます

そんなお芝居にいざなってほしいな

わたしも、素直になって、その世界に入り込みたいです

datchさん、腕の見せどころ☆

期待してま~す♪

|

« ボクも仲間入り | トップページ | おやこ劇場、中学生の会 »

「劇団うりんこ」カテゴリの記事

コメント

芸能的、特に落語のテクニックが必要な芝居と思っています。役者は悲劇のどんぞこを演じてたかと思うと次の瞬間には冷静な語り手に。観客をひきこむ力をもっと強くしていきたいと、メンバーとも決意を新たにしつつ、このままダイアルアゴーストの仕込みに入るので次なる稽古は春かな~、進化を見守ってください。かずさん来ないかなと先にはじめてしまいました、導入が面白いんですよ、またみてください。

投稿: datch | 2008-02-03 11:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ボクも仲間入り | トップページ | おやこ劇場、中学生の会 »