«  Dial A Ghost  ダイアル ア ゴースト | トップページ | やさしさが身にしみる… »

2008-03-23

狂言であ・そ・ぼ!

  名古屋市子どものための巡回劇場

       狂言共同社

  狂言であ・そ・ぼ!

いっくん、連れあいさん、三人で緑区文化小劇場に行って来ました

このところ、りんちゃんと舞台を観に行くことが多かったですね

今日は、いっくんのためのお出かけです

名古屋の和泉流、共同狂言社による狂言の舞台

最初の子ども狂言教室では、狂言の歴史をかいつまんで紹介してくださった後、実際に声を出したり、所作を教えてもらったりしました

つっと立ったは杉の木

ねじがゆがうだは松の木

風が吹いても動かぬは、野中の………くい      

               (狂言小謡「杭」)

これを客席で立って、一緒に謡って、踊りましたww

ちょっと、コミカルな所作が楽しかったですhappy01

演目は、二つ

附子 (ぶす)

用事で出かける主人に、太郎冠者と次郎冠者は留守をまかされ、黒い桶を預けられます。中には「ぶす」という毒が入っているから、用心するようにと言われます。怖いもの見たさの2人は、桶のふたを開けてしまうのです。中に入っていたのは…。

そう、すごく有名で分かりやすい演目です

以前、りんちゃんが幼稚園の頃に観た狂言もこれでした

太郎冠者、次郎冠者のやりとりが、ほんとに面白い☆

いっくんも大笑いでしたnote

梟山伏 (ふくろうやまぶし)

山から帰った弟の様子がおかしいため、兄は山伏にみてもらうことにしました。すると、なんとフクロウにとりつかれているとのこと!早速、お祓いの祈祷を山伏がはじめると、弟は奇声を発して苦しみ始めます。なかなかとりついたフクロウを祓えずにいると、兄までもが奇声を発し始めてしまいました…

まずは、山伏の装束がいいですね

あまり有能ではないこの山伏ww

結局、最後は自分までフクロウにとりつかれてしまいます

ぽーーぅ!

ぽーーぅ!

フクロウの鳴き声で退出する山伏に、会場の子どもたちは大喜びの大爆笑happy02

幼児もたくさんいたんだけど、みんな楽しそうに笑ってました

会場内は、ぽーーぅ!の声を真似する子どもたちの声でいっぱいです

もちろん、いっくんも身体いっぱいで笑ってました

帰りの車の中でも、三人でぽーーぅ!ww

二つの演目、いっくんにすべてが理解できたわけではないです

だけど、所作を見ているだけで何が起きているか想像できるし、そこに笑いが盛り込まれているから、楽しさをいっぱいに味わえます

だから、狂言っておもしろいshine

いっくんなりの楽しさ、おもしろさがみつかれば、それでいいんです

何だか楽しかったぞっていう経験として、いっくんの記憶のどこかに入り込んでいってくれたら、うれしいなって思います

京都に住んでいた8年間、たくさんの狂言の舞台を観ました

土地柄、いろんな狂言を、いろんな場所で観られる機会がたくさんあります

当時は茂山千五郎さん(今は人間国宝になられた茂山千作さん)が特に大好きで、あの声、あの顔、あの動き、あったかい笑いをたくさんもらいました

古典だから難しい…

言葉が分からない…

足を踏み入れるのは、ちょっと不安な人もいるかな

大丈夫☆

絶対に笑えますhappy01up

Dscn7634

休憩時間

早く座らないと、始まっちゃう

いっくん、真剣に急いでますww

後ろ姿がおもしろい☆

家族みんなで、狂言を観に行こうflair

次回は、りんちゃんも一緒がいいな d(^-^)ネ!

|

«  Dial A Ghost  ダイアル ア ゴースト | トップページ | やさしさが身にしみる… »

「舞台」カテゴリの記事

コメント

>附子 (ぶす)

附子は授業でやったので覚えています!!
楽しいですよね!!

投稿: MEL | 2008-03-23 22:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




«  Dial A Ghost  ダイアル ア ゴースト | トップページ | やさしさが身にしみる… »