« りんちゃんに、感謝☆ | トップページ | 準備中♪ »

2008-12-09

博士の愛した数式

12月7日 (日)、おやこ劇場の例会でした

青年劇場

博士の愛した数式

80分しか記憶がもたない数学博士、シングルマザーの家政婦とその息子

この3人の交流を丹念に綴った温かく深い物語

心に深くしみいってくる、いい舞台でした

博士は、家政婦の息子を√(ルート)とよんで、心からの深い愛情で接します

博士は80分しか記憶がもたないから、2人とは毎日が初対面

きみを√とよぽう

√は、すべてを包み込む、深くあたたかい記号なんだ

きみにぴったりな名前だね

そういって、√を抱きしめます

数学の宿題をみてあげているときも、決して、できないことを責めたり怒ったりしません

いつも、傍らに寄り添って、あたたかく見守ります

ぼくは√だよ

博士がつけてくれた名前だよ

√は笑顔で、うれしそうに言うんですよね

繰り返される、√のこの言葉に次第に胸をしめつけられていくのを感じました

ボクが覚えているから、大丈夫だよ

そんな声が聞こえてきます

博士と出会うことで、分かり合えなかった母子の関係にも変化を起こします

お互いを思い合っているはずなのに、なかなか、心が近づけない

そういうことってありますよね

純粋に愛を注いでくれる人の存在が、家政婦であるお母さんと√の関係をあたたかいものにしていくんです

舞台の終わり近くには、台詞の中で博士の記憶は、瞬間瞬間でしかもたなくなっていることがわかります

そういう現実は厳しいけれど、博士は今もやさしくてあたたかい光に包まれて暮らしていると、信じられました

小川洋子さんの本も読んだし、映画のDVDも見て、それぞれのよさを感じました

今は、舞台の「博士の愛した数式」が一番好きです

お近くで公演があるなら、ぜひぜひ観て欲しいと思う舞台です

リンクしてあるHPで、公演予定をチェックしてみてくださいねww

さて、おやこ劇場のみんなの様子はどうだったかというと…shine

Rscn9508 Rscn9514

note

note

note

note

子どもたちは、舞台も、準備も、片づけも、楽しんでましたhappy01

Dscn9480 楽屋に用意した差し入れ

りんちゃんのケーキが光ってますww

ウェルカムカードも、四つの楽屋とお茶コーナーに準備

楽しみにしてました☆の気持ち、伝わったかな

Dscn9487_2プレゼントはこちら

お渡しする前にロビーに飾って、みんなに見てもらいました

このプレゼント、大好評

作品にちなんだイラストが、劇団の方たちにうけてました

悩んだだよね~、何を書こかってww

喜んでいただけて、よかったです

Dscn9496   Dscn9499

shine

shine

shine

shine

shine

shine

ロビーには、おやこ劇場の活動をこんな風に紹介

みなさんに知っていただけるように工夫してみました

朝の9時30分集合、解散は17時30分

Rscn9513 帰りには、いつものメンバーで夕飯

お昼から合流して、上演中は託児で遊んでいたいっくんも、終演後から一緒です

ごきげんですねww

いつも思うんだけれど、大きくなっていくこの子たち、これから先も一緒に育っていけるように、最大限の努力をしていきたい

おやこ劇場の中学生、高校生、大学生たち、もう10年間くらいかな、ずっと一緒に育ってきています

この場所は、大人であるわたしたちが、どんなことがあろうとも必ず守って、育てて、次へつなげていかなくちゃね

だって、子どもたち、ほんとにうれしそうで、楽しそうだったんですからww

この例会、連れあいさんも来てくれました

なかなか仕事とかで参加できないことも多いんです

だから、わたしとてしは一緒のものが観られて、かなりうれしかったです

感想とかも、いつもは「聞かないでね」って言われちゃうことが多いんだけど、前記事にコメントを書き込んでくれました

きっと、感じることがたくさんある舞台だったんでしょうね

これも、かなり、かなり、うれしいですheart02happy01heart02

|

« りんちゃんに、感謝☆ | トップページ | 準備中♪ »

「おやこ劇場」カテゴリの記事

コメント

りんちゃん、素敵♪
いいですね。とっても。
この気持ちをどんな風に表現したらいいのか
言葉がみつかりません。

投稿: puffpuff | 2008-12-09 12:23

かずさん こんにちは。

博士の愛した数式
興味あったけどなかなか縁がありません
きっと忘れかけていたあったかいものが沢山
なのでしょうね

りんちゃんの手作りのケーキきらきら光ってますよ♪
きっと心もこもっているからでしょうね


投稿: satsuki | 2008-12-09 13:18

大好きな小説です。
個人的には、同氏の「密やかな結晶」もお勧めです。こちらも「忘れる」をテーマにした作品です(ただ、ちょっと怖い;)

投稿: たましい | 2008-12-09 21:14

いつも楽しく拝見しています♪私は、現在子ども劇場の副運営委員長をしています(ダメダメ役員なんですけど)。かずさんの劇場に対する温かい思いがとても素敵だなぁと感じています。
実は現在、親業も勉強中なんですよ。なんか不思議なご縁を勝手に感じています(笑)でも、この二つは共通するものがありますよね。どちらも現在の私のライフワークになっています。
また、ブログでも親業についてお話してくださいね♪楽しみにしています。

投稿: eko | 2008-12-10 10:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« りんちゃんに、感謝☆ | トップページ | 準備中♪ »