わたしのこと

2009-02-05

プールに通うぞ☆

家におこもり状態…

これは、わたしの右足のためにも良かったようです

痛くて外出できなかった時期が過ぎたところで、いっくんの胃腸風邪

病院以外は外へは出られませんからね

おかげで痛みもかなりなくなってます

親孝行な息子ですww

いっくんが、胃腸風邪にかかる前にいろいろやってはみました

松葉杖を片方ついて、買い物に行ったり、お茶をしに行ったり、ラボの送り迎えにも、幼稚園にも…

もちろん、おやこ劇場の事務所にも行きました

かなり不便です

歩けないことはないから、余計に不便さを感じてしまいます

大丈夫になってきたから、はずしちゃおうかななんて思ってたら、診察を受けた病院で「はずしちゃダメですよ」と先に釘をさされてしまいました

股関節専門の先生には、

診察受けるのは何年ぶりですか?

15年ですか…

随分、我慢してきましたね

痛かったでしょう

相当、痛みを我慢してきたはずですよ

ほんとに、よく我慢してきましたね

こんなことを言われました

病院に行くのが怖かったのかもしれません

痛みにも慣れてしまっていたんでしょうね

痛いのが当たり前って…

そう、我慢してきたんです、わたし

心の中で叫んでました

すごく、すごく、すっきりしましたww

いろいろとアドバイスをもらい、定期的に診察とレントゲンを撮ることを約束しました

人工関節を入れたりという、今、考えられる手術は見合わせる方がいいみたいです

30年の耐用年数の人工関節は、わたしの年齢ではまだまだいれるには早過ぎるということでした

それに、そういう大きな手術が可能かどうか、どうも不確かみたいです

今の右足の手術箇所の状態は、そう悪くないみたいだから、しばらくは様子見というところですね

とりあえず手術はしなくていいから、ほっとしてます

そこで、現状維持のため、病院にあるプールで週一でリハビリに通うことになりました

理学療法士の先生に診てもらったら、右足の可動域が極端に狭いそうで、しっかりとプランを立てて運動しないといけないみたい

結構浅いプールらしいけれど、どんな運動をするんでしょうね

運動なんてしたことがないから、ちょっとドキドキです

楽しみでもありますww

水着も買いに行かなくてはいけません

いっくんの胃腸風邪が治ったら、買いに行きま~す☆

足にかかる負荷を減らすためには、体重も減らさないといけないし、また、ミネラル豆乳ダイエットも復活させようかな

いろいろと生活も変わってきそうです

| | コメント (3)

2009-01-24

たっちゃんの紙芝居~松葉杖デビュー

寒い寒い一日でしたね

風はびゅうびゅう、雪まで降ってきたりして…

そんな中、長久手のハウジングセンターにお出かけしてきました

家の近所は、気温一度!

雪がかなり激しく降ってました

フリースのジャンバーの上にベンチコート、靴下は二枚履き、マフラーに手袋☆

装備は万全☆

外のステージでの、たっちゃんの紙芝居

かなりの寒さが予想されますからねww

Dscn9890note

note

note

note

note

note

note

note

note

凍えるような寒さの中、たっちゃんはいつも通り元気いっぱい☆

新しいクイズも登場してました♪

子どもたちは、大喜び

手をたたいて喜んでました

もう一回~heart02

こんな声があがるほど、大人気です

いっくんは、もちろん、大はしゃぎww

ほんとに、たっちゃんが大好きなんですよね

身体の芯まで冷え切ってしまったけれど、たくさん笑って、心はポッカポッカ

お出かけしてよかったです

実は、このお出かけには、片方だけ松葉杖をついて行きました

病院を受診したときに、借りてきたんです

足の痛みは、安静にしていたし、鎮痛剤が効きはじめたので、かなり楽になってます

夜に眠れるようになり、気分もほっとしています

これからのことを考えると、予防の意味からも杖をつきましょう

病院で先生に言われました

今は痛みがひどいから、松葉杖

月曜日にもう一度、専門の先生に診てもらいます

これからの生活や治療・手術・リハビリについて相談

多分、大きな病院で詳しいレントゲンなどの検査をすることになるでしょう

どんな杖をつくのか

一緒に決めるんだろうなぁ

確かに、松葉杖をついて歩くと、右足への負担はかなり減ります

いつもより、早く歩けちゃうくらいだしww

ただ、自分の足だけで歩けなくなったというのは、精神的にやっぱりきついです

いつかは…、そう思ってはいたけれどね

生活スタイルも、少し変えることを考えなくちゃ☆

負担のかかることを、できるだけ少なくしたいものです

無理しすぎたら、次は車椅子になっちゃいそうだし…

だけど、自分の行きたいところへは、やっぱり行きたい

行動の自由は、持っていたい

そういう意味で、今日のお出かけは最初の一歩だったわけですww

明るい気持ちにさせてくれるってこと、分かってるから安心して出かけられました

いい機会をもらえて、ほんとによかったです♪

それにしても、最近、病院通いが続いてます

次から次へと、よくもこんなに苦しめてくれるものだわと感心するほどです

それでも、こうして笑っていられることに感謝、感謝

日常の、なんでもない日々の暮らし、それがわたしの支えです

家族をはじめとする、みんなとの毎日があるからやっていけますww

ここで、こうして書くこともそうです

そして、いろんな方からコメントをいただいたり、遊びに行かせてもらったり…

いつも元気と勇気をもらってます

み~んな、みんなに、心からの感謝を heart04happy01heart04

ほんとにありがとう

| | コメント (4)

2009-01-20

ふわふわお花のブローチ

ふわふわお花のブローチ
毛糸のお花3つ

あみあみしてみました♪

可愛らしい感じにできあがったかな

手軽にできるから、かぎ針編みは好きですww

りんちゃんが、このお花、髪飾りにしてほしいなですって☆

トライしてみなくちゃ!

今日も会議をお休みしました

自宅静養中

痛みに気持ちがいかないように、楽しめることを見つけてます

お菓子やパンって、立ってやるから、こんなときな不向きなんですね

今まで気がつかなかったな

手仕事の手芸は大丈夫

心の平穏に役立ってますww

| | コメント (6)

2009-01-13

絶不調…

寒さがきつくなったからなのか

低気圧のせいなのか

これまでの無理がたたったからなのか

ひどい右足の痛み

昨日の夜も、痛くて痛くて、ほとんど眠れずじまいでした

家の中を歩くのが精一杯という状態です

何かに気を紛らわせていないと、痛みに気持ちがいってしまいます

今夜も、寝るのがかなり怖いなぁ

すっきりとおさまってくれればいいんだけど…

| | コメント (4)

2008-11-02

近況報告

いつのまにやら11月 maple

めっきり寒くなってきましたね

あったかいものが恋しい季節ですww

9、10月のここはお寂しい状態でしたが、そろそろ帰ってこようかなと思ってます

忙しいのはいつもの通り、体調も悪すぎるということではなく、何となく遠ざかっているって感じでした

精神的に、ちょっと余裕がなかったというのはあるかもしれませんが…

いろんな人がいるということ、つくづくと肌で感じていたこの頃です

今まで、親業、おやこ劇場など、とてもいい環境でのびのびと遊んだり、仕事をしたり、勉強したりしていたんだなぁって、感謝、感謝 (._.)アリガト~☆

幼稚園の図書部長という立場では、いろんな声と行動に振り回されて、日常までが微妙にしんどくなってきてます

お母さん方にも、いろんな方がいらっしゃる…

ほんとに、園長先生と一緒になってため息をつきたくなってしまいました

次々と問題が起きてしまって、大変です

りんちゃんのときにも、同じ役をやってたけど、平和に過ぎてくれたんだけどな

いい加減にしろ~  (´;ω;`)ウウ・・・

な~んて、叫んじゃおうかww

まあ、何とか、山場は越えるんじゃないかというところまできているので、少しは平穏に日々が過ぎてくれるんじゃないかしら

そのストレスがたまったからなのか(!)、貧血はまたまた治療が必要となってしまいました

これからお正月くらいまで、増血剤の注射を週一回でうたなくてはいけません

風邪を二週間くらい引きずっていて、微熱が続く状態になってきたので病院で診てもらったんです

そのときの血液検査で、HGB(ヘモグロビン)の数値が8.0

通常12~16だから、半分くらいの数値です

先生に「どうしたら、ここまで悪くなるの(`◇´*)」と叱られました

常に酸欠状態で走ってるようなものだそうです

注射で基盤を作って、HGB11くらいまでに引き上げてあげないと倒れると言われ( 半ば脅迫みたいだったけど… )、ひたすら謝って、ちゃんと治療に通うと約束しました

まあ、のんびり養生できるように努力しなさいということですね

ゆっくり本でも読んで過ごしたいところです♪

でも、そううまくいくかしら

明後日、4日には、連れあいさんが10日間の出張に行きます

行き先は、なんと…

ブラジル・ペルー☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆

大学同士が、姉妹校みたいな感じで提携するので、そのために行くらしいです

フォルクローレが大好きな連れあいさん

強行路線の旅になりそうだけど、お楽しみがいっぱい

それに、一緒に行く先生が、5カ国語くらい話せる人で、ブラジルやペルーにもとっても詳しいから、心配は何もないと言ってます

帰りだけ一人になるから、ロサンゼルスでの乗り換えが不安らしいけど

憧れのマチュピチュの遺跡にも行けるみたいだし、うらやましい限りです

この間は、りんちゃん、いっくんと仲良く連携をとりながら、無理しないでいらけたらと思ってます

お土産って、何があるのかなぁ~

コーヒーしか思い浮かばないんだけど…

ケーナとか売ってるのかな

お楽しみですnote

そんなこんなで、日々は矢のように過ぎ去っていきます

一日一日、笑っちゃったこと、うれしかったこと、楽しかったこと、ほっこりしたこと、そういう思いをたくさん積み重ねて笑顔でいたいなぁ

とりあえず、何とか、元気です ♪(o ̄∇ ̄)/

| | コメント (5)

2008-07-30

経過報告です

ちょっと前に、検診の結果が出ました

7/14が、最初の診断から3ヶ月目の検診でした

この日は、診察だけ

マンモグラフィー、超音波の検査は7/16

結果が出たのは、7/18

その時に、少し気になる影があるということで、またまた胸に針を刺して細胞を採って組織検査をしました

0.5㎝だったものが、0.8㎝になっていたそうです

針を刺すのは、そんなに痛くない

細胞を採るのに、針を刺した後ぐりぐりとされるのは、やっぱり痛い…

痛みには慣れているし、もっと痛い検査もたくさんしてきたけれど、痛いものは痛いんですよね

看護士さんが気持ちをくみ取って、「痛いですね」って声をかけて下さるのがうれしかったです

担当の先生は、最初の若い先生から外科部長の先生になりました

うん…、やはり部長先生はすごい

職人技!って感じで、影がある部分を超音波で確認し、正確に針を刺します

そして、細胞を採るために、情け容赦なく、しっかりとぐりぐり

これなら大丈夫って、素人でも思ってしまうほどです

最初の若い先生、悪くはないけれど、慣れてないなってこちらが不安をもってしまいましたからね

そして、その検査結果が7/25に出ました

今回は、不安材料は全くなし

ガン細胞も、疑わしい細胞も、何もなし

説明、わかりやすかったです

質問にも、丁寧に答えていただいて、納得できました

また、次回まで経過観察です

しこりも痛みもないけれど、相変わらず、乳頭から血が出ることは続いています

毎日ではないのですけれどね

原因をはっきりつきとめることも、出血を止めることも、今はできないそうです

しこりがある、出血がひどくなる、鮮血が出る、こんな場合はすぐに病院に行くということで、今度の検診は約半年先、12月初めになりました

時限爆弾を抱えているような気分

気持ちが、とても不安定だったりすることもあります

まあ、わたしの右足と一緒で、それも受け入れていくしかないのでしょう

これが、わたしの生きるってことなんだって

考え込んでも仕方ない

今、この瞬間を生きる

それしかない

| | コメント (6)

2008-04-17

この頃思うこと…

先日、ようやく、結果が出ました

経過観察です

3ヶ月おきに超音波検査、マンモグラフィーを受けること

異常が見られたら、即病院へ

入院も手術もしなくてすみました

これで、五週間にわたった不安と心配には、一応の決着がついたことになります

だけど、安心することができないでいる自分を受け入れられなくて、かなり困り気味…

「よかったね~」って、心配してくれていた人たちに声をかけてもらっても、心から「うん」って言えない

こんな自分は好きじゃない

正直じゃないよね

どうして、素直に、「ほんとはまだ怖いなぁ」って言えないのかな

続きを読む "この頃思うこと…"

| | コメント (7)

2008-03-23

やさしさが身にしみる…

このところ、家でのんびりしています

ほぼ、すべての仕事をストップさせて、待機中というところかな

平気じゃないけど、元気です、大丈夫

これが正直な気持ち

続きを読む "やさしさが身にしみる…"

| | コメント (6)

2008-03-06

パンダちゃん

Photo_2初登場heart04

いとこのあやちゃん

わたしの妹の娘ちゃんです

四歳、年少さん

ほんとに可愛い女の子なんですよ

おしゃべりは、いっくんがたじたじになるほどのおませさん

お姉さんみたいです

りんちゃんのことは、「ねえね」と呼んで、大好きでいてくれてます

この画像が、妹から携帯に送られてきたとき、涙が出そうになりました

あやちゃんが着ているパンダのベスト

亡くなった母が編んだものなんです

わたしが、10歳か、11歳くらいの頃かな

まだ、リューマチも発病していなくて、元気だった頃

母は、編み物の内職を始めました

新しい編み機も買って、母はとてもうれしそうだったことを覚えています

内職の合間に、わたしたちのセーターやベストなどを編んでくれました

模様編みができる編み機だったから、母にあれこれとリクエストして編んでもらっていたんです

このパンダちゃんの模様も、そうやって編んでもらったものです

できあがったとき、妹がぴょんぴょん飛び跳ねて喜んでいたのも、鮮明に覚えています

母の快活な笑い声、うれしそうな顔、このベストを見た瞬間に思い出しました

母との幸せな時間、たくさん、たくさん、わたしの心には刻まれているんですね

35年も前のパンダちゃんのベスト

母の孫になるあやちゃんが着てくれています

お気に入りで、脱ごうとしないそうですww

母はいつもそばにいてくれている

そんなあったかい思いが、わたしを包んでくれました

そう言えば、ついこないだも、母はわたしのところに来てくれたんですよ

40度の熱でどうにかなりそうだったとき、うつらうつらとしていたら…

かずちゃんheart01

そう呼ばれました

自然と、「お母さん、しんどいよ~」って返事をしていました

心配して見に来てくれたんですね

母の愛情は、目の前にいなくなってからもあふれんばかりに感じられます

それは、妹も同じように感じているに違いありません

この画像にこめられた妹の優しさにも、心から感謝です

| | コメント (3)

2008-02-12

低気圧、襲来

この冬最大の低気圧を感じています

何をしていても、とてつもなく痛む足

どうせ、眠れるはずもないし、意識をよそに向けることを探して起きてます

お昼、少しは楽になるかなと、作品展の代休で家にいるいっくんと温泉に入ってきたけど、忘れていられたのはその時だけかな

今日は、何だか気分が重いです

りんちゃんが、バレンタインのチョコを手作りするのに必要なグッズを買いにスーパーに行ったときのことがひっかかってます

歩くのが辛くて、かなり右足を引きずって歩いてたんです

そうしたら、いろんな視線を感じてしまいました

かわいそう、気の毒に、あらまあ、どうしたの…

そういう視線

久しぶりに感じたそういうたくさんの視線

普段も、感じることはよくあります

悪気はないのは分かっているんですよ

いつもは、そんなに気にとめません

受け入れることもできていると感じています

だけど、それを受け入れること、今日はできる元気が残ってません

まだまだ、修行が足りない

こんな気持ちを繰り返して、いつかすべてを受け入れられる日が、ほんとに来るのかな

こんなことで、気持ちが乱れてしまうなんてね

こんなときは、あったかい家で、家族と笑ってるのが一番の薬かな

Dscn7423 Dscn7427

Dscn7429手作りギョーザ

焼くのは連れあいさん

名人なんですよ

外はパリッと、中はふんわり

プロのように焼いてくれます

最高の味ですww

うちのギョーザが一番だよね

(・-・)(。_。)(・-・)(。_。)ウンウン

こんな一言が、しみるなぁ…

低気圧、早く、早く、通り過ぎてほしいな

長い夜になりませんように

| | コメント (5)